美影と岩井勇一郎

看護師の仕事を選択する、とても現実的な理由として「給料が高い」ということがあります。働き始めて最初の給料を鑑みても、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、より高い給与を得ていることが分るはずです。ただし、給料を多くもらうということは、その分、研鑽に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。数年間、専門機関で学んで資格を取得する看護師は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。きっかけが結婚や出産だったり個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、人によっては看護師としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。でないと、志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、大病院で最先端の治療に接したい、というように積極性を感じられる理由を挙げたいところです。医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により誰もが夜勤を経験します。なくてはならない夜勤業務ですが、職員が大きく減ってしまい、それなのに、夜半に眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。どこの医療機関でも看護師は不足していることが多いため、看護師の転職は比較的かんたんです。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、雇用する側との面接になるでしょう。ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、看護師としての能力と同様に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く注視されていることを、知っておきましょう。実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所もわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。大きく言うと、医師は患者さんの診察と治療、予防指導を行ったり、そのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。対する看護師の仕事は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者さんのケアをするということが中心です。以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り看護師は大勢います。とはいえ、戻ってこられるかどうかは辞めた状況により変わってきます。結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして出戻り就職をする人も少なくありません。勤務中の看護師というのは常に神経を使うことになりますし、そうこうしているうちに多くの看護師はストレスに悩まされます。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、メンタル面にもつらい部分があると言えます。そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、看護師というハードな仕事を続けていくためには見逃すことのできない点になるでしょう。夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は大勢いる、というのが現実です。結婚、出産、そして育児がスタートしたら安心して託児ができる施設などがなければほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。ですが、近頃は子供に手がかからなくなったためもう一度看護師として働くことを希望する人もじりじりと増えていっているようです。働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。その時給ですが日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺がパート看護師の時給としての相場です。パートの仕事の割には結構良いように思えますが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。さて、看護師として長く働き続けると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分の心身の健康についてもわかるようになったりするようです。看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、申し送りというものが必要になります。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、看護の業務に必要な諸々について勤務終わりの人が勤務始めの人に伝えることになっています。患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう報告しなければなりません。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも当たり前のように期待されます。看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなシンプルな仕事でもないため、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。看護師の中には、向学心から転職を希望する場合があります。救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、とてもアグレッシブな転職になります。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、土日が休日になるでしょう。何か急な事態によって呼び出されたり、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、そういうところでは大体はちゃんと土日休みになっているはずです。病院に初めて看護師が就職を果たした時、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、100パーセント希望通りにしてくれる場合もあり、また、人材を管理する人の胸三寸で確定されたりすることもありそうです。配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、充分に考えられた配属であることが殆どです。ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。社会が高齢化していることもあり、このところ次第に病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。ですから当然、医療機関で働く看護師もどれだけいても足りないという程、実際には、人手不足が深刻です。でも、人手が足りていないというのなら、それは、それによって求人も多くなりますから、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の良い面もあるのです。今、私は病院事務の仕事をしています。通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、常にみなさん忙しく働かれています。家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。しかし、案外、臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に看護師さんの中で、子連れで来ている方が少なからずいらっしゃるんです。先生方も歓迎ムードで、温かい雰囲気でした。激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、元気になって退院していった患者さんが、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。それに、やはり患者さんの家族の方からとても喜んでもらえた時など、大変に感動したりします。世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、辞めてしまおうと考えるだろうと思います。妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事としてする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、慎重に行動してください。それから、薬についてですが身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。看護師の資格というものは日本の法律では仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。看護師が医療行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。ですが、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、切迫した状態では、看護師の経験や知識にもよりますが、一部の医療行為を行っていいのではないかと思っています。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、公的医療機関であれば、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、納得のいく額が支払われることになるでしょう。ところが、個人病院の方では、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。そこそこ昔のことではあるものの、看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると人々に捉えられていたようです。でも、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できるといった事実について、急激に周知されてきているようです。看護師の手にする給料というのは、家の屋台骨として充分に、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。そう、つまり看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。看護師として、毎日激務をこなしているうちに、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。他と比べるとまあまあゆったりしている病棟として知られているのは、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。ですが、どういった病院か、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、業務のハードさについては差があります。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、結構、融通の利く部分があります。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、子育てと両立させながらそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、どうしても転職したい、と強く思ったのです。それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがつくづく実感したものでした。看護師として勤務していくうちに当然のことですが、やめてしまいたくなることも少なくないでしょう。仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。ですが、それだけではなく、やりがいがあると感じることも多くあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。看護師として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残業を強いられることがままあります。けれども、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。ほんの少し前まで文句を言っていた人がすぐさま笑顔を向けられるのだから、看護師のその様子はまるで女優のようです。どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつにエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仲間うちだけに伝わるようにしたもので現場でよく使われています。このエッセンという言葉自体には、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、その影響です。何であれ今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。社会に出たばかりの新卒看護師や、他の病院から転職してきた看護師の場合、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、労働者が新人かどうかは別の話で法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、せっかく働いたのならその時間分、手当として支払われなければなりません。少々手間もあるのですが、利点が多い看護師の能力評価については、実行している病院がほとんどのようです。看護師の個々の能力を、間違いなく位置づけできるよう、一からスケールを作っていった病院もあるようです。能力評価は、月々に行なう所や、一年に一度だけということもあります。看護師は、こうして定期的な評価を受けることで、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。また、高いモチベーションを保てます。看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、例えば人気のある診療科だったりしますと大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、対応には時間がかかるでしょう。クレームが入ることもよくあります。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です