常富喜雄とたかし

前から歯の黄ばみが気になっていました。そんなとき、歯の消しゴムというものがドラッグストアに売っていました。使用には1週間くらいの間隔をあけるように書いてはあったのですが、歯を綺麗にしたいという強迫観念があって、毎日のように使っていました。あまり頻繁に使いすぎると、歯を削りすぎて弱めてしまうということが落とし穴であると後から知りました。また、ちょうど歯科矯正が終わったばかりという時期だったので、それも消しゴムによるダメージをさらに強めたのかもしれません。悪い歯並びは早めに直さなければならないとか、大人になってから治すのは大変だから、などとそそのかされて、うかつに矯正を始める場合があります。しかし、これには危険もあります。歯医者さんがしきりに勧めてくることもありますが、成長期の途上にある子供の場合、成長に伴って、ひとりでに綺麗な歯並びになることもあります。しかし、本当に必要かは場合によりけりですから、歯科医師が勧める理由を詳しく教えてもらうことが大事です。歯のケアにあたり、私はホワイトニングしか行ってきませんでした。健康な歯といえば、真っ白なものという印象があったからです。ですが、どんなに見た目だけ白くなっても、歯自体は逆に弱ってしまったのです。意識的に歯茎のケアをすることができていなかったのでした。他をケアしないでホワイトニングを掛け続けてしまったため、歯の土台である歯茎の部分が弱ってしまい、冷たいものを口に入れると、沁みてしまうような歯茎になってしまったのです。あと今更ながら、歯列矯正も歯科に相談しておけばよかったです。技術の進歩に伴い、歯科矯正にも新しい形が登場してきました。今では歯の裏側に器具を付ける治療法も存在します。裏側の場合、周囲の人に矯正器具が見られないというのがメリットですが、歯科医師の技術や多くの手間が必要になり、費用もより高くなるという点は考え物です。表側のほうは、一目見て矯正器具がわかってしまうのが欠点ですが、今はブラケットも昔ほどゴテゴテしておらず、透明のものもあるので、出来る限り目立ちにくいものを使うケースが多くなっているようです。近年、流行りのホワイトニング。歯の黄ばみなどを落とし、白い歯を実現できるのが若い女性を中心に重宝されているようです。ですが、全ての人がすぐに白さを実感できるわけではありません。なかなか狙った通りの白さにするのが難しいということも、デメリットと言っていいでしょう。笑ったときや喋ったときなどに歯は目立ちますから、審美歯科などで専門医にかかり、自分の希望を伝え、適切な治療法を考えてもらうのがいいでしょう。また、歯並びが良くない人は、ホワイトニングと同時に歯科矯正を受けてもいいでしょう。歯のホワイトニングにはトラブルもあります。時間をかけてもあまり白くならない場合や、全体が同じ色調にならず、ムラが出る場合もあるのです。歯の質によってはホワイトニングが効きにくかったりして、原因も多種多様です。そんな方もご安心を。時間は長くなりますが、歯科医の指導のもと、反復的に施術をしていけば効果は得られます。他の歯科治療と同じように、綺麗な白い歯を得られるかどうかも患者さん一人一人の体質によって異なるのです。就職や結婚など、人生の大きな転機が切っ掛けになって、歯列矯正を思い立つ方もいるでしょう。ですが、歯列の矯正は、不満の出ない治療をしてくれる歯科医院は限られていますから、歯科選びが命運を握っているといえるでしょう。矯正を得意とする歯科は、そのことを看板やインターネットのサイトにも掲げているので、そういう歯科を優先的に当たってみることをお勧めします。多くの女性が気にするのが歯並び。歯列の矯正を行うと、やはり美人になったという印象を与えるものです。歯並びがバラバラであるよりは、歯並びがちゃんとしていれば、それだけで印象はよくなるわけですね。この話からもわかるように、歯並びはとても大事なのです。それに加えて、矯正が美人を作ると言われるゆえんとしては、噛み合わせの悪さが解消されたため、顎の形が変わり、顔の輪郭が綺麗になったとの話もあり、メリットは大きいといえます。歯の矯正治療の最中というものは、物が食べづらく、痩せたという話もあります。あるいは、矯正治療の終了後、反対に体重が増加するという話もあります。歯科矯正中のストレスから大食いになってしまうようですね。無事に整った歯列になっても、体型が悪くなったのでは勿体無いので、矯正中や矯正後の食事の管理にも注意を払いましょう。歯のホワイトニングを利用するにあたり、喫煙習慣は非常に相性が悪いといえます。特に、自宅で行うホームホワイトニングのように、ホワイトニングの薬剤を少しずつ浸透させていくやり方では、せっかく毎日続けていても、そのたび喫煙で台無しになってしまいます。ですので、歯を白くしたいのであればタバコを遠ざけておくことが絶対に大事なのです。それに加えて、歯科矯正を受けている最中の人も、同じく禁煙しなければなりません。歯を真っ白にしてくれるホワイトニング。その施術を受けるにあたり、どこの歯医者さんに行けばいいのか、選択にあたって重要なことがいくつかあります。近頃はホワイトニングを扱う一般歯科も多くなってきましたが、歯を綺麗にする施術に特に長けている審美歯科の方がより頼りになるでしょう。ホワイトニングの扱いに長けていますから、着色の原因から分析して、審美の専門的見地からホワイトニングの処置を進めてくれます。インプラントや歯列の矯正といった処置を受ける際にも、その道の専門医を頼ることが最も安心といえます。ブラケットという器具を使って歯の並びを整える歯列矯正。開始してから、その器具を取り外せるようになるまでには、人によって差が出ますが、短くても1年、長いと3年ほどの時間が必ずかかるものです。ケースバイケースなので、平均よりも早く終わったり、あるいはもっと時間が掛かる可能性も覚悟しなければなりません。大人の歯列矯正は、手間や時間が子供に比べて段違いなので、思い立ったらすぐに歯医者さんに相談するといいでしょう。最近では歯列矯正も便利になってきましたが、施術にあたり、事前に抜歯を済ませてからでないと矯正できないこともあります。歯の位置が大きくずれてしまっている場合、本来あるべき位置に直そうとしても、別の歯が詰まっていて難しいという場合もあり、抜歯はそれを見据えた処置ということです。この場合、邪魔な歯を無視して強引に矯正を進めると、歯同士が押し合って、歯列の拡大を招いてしまい、歯並びが良くなるかわりに顔の形が不細工になって本末転倒です。歯列の矯正に伴って生じる痛みには、一瞬だけの痛みと、ずっと続く痛みとがあります。瞬間的な痛みの方が、その時の苦痛としては強いですが、ずっと続く痛みの方が精神的にはキツイものです。ワイヤーで歯を動かすことで感じる痛みのほか、口腔内の粘膜に矯正器具が干渉して、できた傷に飲み物が沁みたりして、常に何らの痛みはあるという状態です。一年以上も続くこの痛みに堪えなければ矯正はできませんから、根気や覚悟が続きそうにないという方には、矯正は控えたほうがいいというアドバイスになります。歯医者さんや自宅でホワイトニングを行えば、歯に染みついた黄ばみやヤニを落とすことが簡単にできます。しかし、一度の施術で永遠に白さが続くわけではありません。最低でも数ヶ月は維持できますが、基本的にはただ歯の表面を白く染めただけであって、歯の性質、それに患者さんの生活習慣は変わらないわけですから、少しずつではありますが、またヤニや黄ばみは付着していきます。ところで、歯を美しくする施術には歯科矯正というのもありますが、これなら矯正の終了後、また悪化してしまうというケースはほぼ無いと言っていいでしょう。歯科医療の技術が進んでいる諸外国での歯科矯正は、国内で受ける場合よりも安くなるかと思うと、よくて日本と同じくらい、むしろより高い場合の方が多いようです。例として、アメリカ合衆国で矯正を受けるとすると、多くの場合、保険が適用されないと聞きます。皆さん知っての通り、歯科矯正は半年から一年以上かけて行っていくものです。その間、足しげく歯科医院に通い、器具を調整したり、様子を見てもらう必要があります。外国の歯科医院は日本ほど頻繁なケアはしてくれないので、結局、国内での治療が最も安心ということになります。男性でも女性でも、歯並びが良くないと、良い印象を受けないのが現実ではないでしょうか。歯並びでお悩みの方には歯科矯正がお勧めです。気になる治療費の額については、はっきりした相場は決まっていません。口内の状態や体質によって治療期間も変動してくるので、これといった相場が出しづらいという事情もあるのです。治療期間や手法は人それぞれに合ったものがあるので、前もって専門医の説明を受けてから判断する必要があるといえるでしょう。ホワイトニングには、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングなど色々ありますが、効果が得られるのは自然の歯だけです。差し歯など、義歯を使用している場合は、そこだけ白くならないということになります。差し歯のところだけが黄色いまま残っていると、却って全体の印象が不自然になるかもしれません。そうは言っても、ホワイトニングと同時に差し歯を取り換えるなどして、対処の方法はありますのでご安心ください。色のほかに歯並びも気になるので、歯科矯正も受けたいという方は、審美歯科という、歯の美しさの改善を専門にしている歯科をお勧めします。ずっと苦しんでいたことから解放された、と周りでもチラホラ聞くのが、信じがたいですが、歯並びを矯正したことで肩こりが収まったという話です。この理由は、歯と頭蓋骨は繋がっているので、そのため、歯並びが悪いと首や肩にまで影響が出て、結果、肩こりを誘発してしまうのです。肩こりの理由が他に思い当たらず、歯並びくらいしか思い当たる点がないという場合は、歯科矯正を得意とする歯医者さんを当たってみれば、すんなり解決するかもしれませんよ。多くの方が利用されている歯列矯正。矯正の手順を見てみましょう。ブラケットと呼ばれる器具で歯に力を加え、歯の位置や角度を、じっくり時間をかけて変えていき、望ましい位置に定着させて歯並びの形を改善するのです。盆栽の世界でいう、針金掛けと同じような技術といえるでしょう。矯正の際に使用する器具は、最も基本的なのはマルチブラケットというものです。さらに、矯正治療が終了した後は、当面の間、リテーナーという装置を装着しておくことになります。以前から歯の色や口臭が気になり、歯ブラシが手放せません。歯磨きの時間は毎回5分くらいと、かなり長いものです。年月を経るごとに歯磨きの時間が長くなっていき、それを理由に外食をためらうようにもなっています。ですが、最近になってやっと、マウスウォッシュを歯磨きのかわりに使うようになり、便利になりました。誰もがホワイトニングを行い、歯の白さを保つべきだと思います。周囲の人に口や臭いのことで悪い印象を与えるわけにはいきませんから。好印象の口元にするためには、ホワイトニングの他に、可能なら歯列の矯正も並行して行うのがいいでしょう。子供の歯並びが気になったので、娘2人に歯並びの矯正させることに決めました。必要な費用は、上の子が85万円弱と、下の子は治療本数が少なく60万くらいでした。多くの歯科矯正で歯並びを治す場合、一人あたり70万円から100万円かかるのが一般的ですし、過去に私自身が矯正を受けて、歯並びが変わると顔が整って見えると十分理解してましたから、代金が高額でも満足いく結果になりました。歯並びを矯正するにあたっては、マウスピースを使う方も居ると思います。マウスピースの利点と言えば、何と言っても目立ちにくいということでしょう。矯正していることがバレにくいのはもちろんですが、マウスピースの種類によっては決まった時だけ装着すれば良いものもあります。外出の際は外しておいて、家にいる時や眠りについている間だけつけるというのも可能なものありますから、こっそりと歯並びを矯正できますから、こっそりと矯正されたい方にはお勧めです。子どもの頃から歯並びが良くありませんでした。ですから、歯科矯正をしたのですが、始めて早々に身体のあちこちが不調になってしまいました。歯科矯正のせいだなんて全く考えていませんでしたが、病院で検査を受けてみると本来の噛み合わせが特徴的で、歯並びを変えてしまうと肩こり・頭痛といった症状に悩まされることがあるという話でした。こうした話を歯医者が教えてくれていたらもっと慎重になったのに、歯医者の方からはそんな説明がありませんでした。噛み合わせや歯並びを改善する歯科矯正というのは、器具を用いて歯を動かし、少しずつ正しい位置へと導いていくものです。力を掛けるといっても無理のない範囲ですが、日々器具を付けていることによる違和感や、歯に力がかかる痛みに悩まされる方も多いです。器具を付けてしばらくすると違和感はなくなりますが、何か月経っても違和感や痛みが引かない場合には、そのまま耐えていないで歯科で再診を受けることが重要です。今流行りのホワイトニングですが、その種類としては、オフィスホワイトニングといって、歯科で施術を受ける方法と、ホームホワイトニングという、自宅で一人でできる方法があります。一度の施術で白さを実感したいなら、ホームホワイトニングよりもオフィスホワイトニングを推奨しています。口内の状況によって差はあるとはいえ、一回の施術だけで白さの実感には十分です。色の他に歯並びも気になるという方の場合、ホワイトニングの処置を先に行い、その後で矯正をかけるという工夫がなされる場合もあります。ホワイトニングの方法は一つだけではありません。大別すると、歯科医院でのみホワイトニングの施術を行うオフィスホワイトニングと、マウスピースと専用の薬剤の処方を歯科で受け、自宅で定期的に処置を続けていくホームホワイトニングがあります。これに加えて、歯科と自宅の両方で処置を進める中間的な手法(デュアルホワイトニング)により、デメリットを補い合うことも可能です。状況や手法によっては、ホワイトニングと並行して歯科矯正を受けることも不可能ではありません。芸能人でなくても利用者が増えてきたホワイトニング。その作業は、歯医者さんだけでなく、自宅でも簡単にできます。患者さんそれぞれの歯に合わせたマウスピースを歯医者さんが作ってくれるので、あとは一日2時間ほど、薬剤を使って歯を白くしていくだけです。また、市販されているマウスピース付きのホワイトニング剤を使い、完全に自宅だけで行う方法の利用も考えられます。歯科と比べて安価で行うことができますし、最近は各社から使いやすいアイテムが売り出されています。歯科矯正などとも合わせて行えば、自然な口元の美しさを実現できます。普段の生活が忙しい程、歯科矯正の際、通院頻度が気になってしまうのではないでしょうか。実際に週1回の通院が可能かというと、そんな余裕が無いという話も良く聞きます。殆どの歯科矯正では、矯正器具の装着までが大切で、その後は器具が清潔か、虫歯になっていないかなどが大事だそうです。日常的に口内のお手入れを欠かさない方であれば矯正治療中であっても、そう頻繁に通院せずとも良いのかもしれませんので一度確認してみましょう。歯科矯正したのですが、それが原因で体調不良になって、矯正の中断を余儀なくされました。歯並びがひどくてコンプレックスでしたから、矯正で綺麗になることを期待していただけに、ショックな出来事でした。歯並びを良くする別の方法を教えてほしいと聞いてみたのですが、効果が期待できるようなものは特にありませんでした。歯並びが悪い場合は歯科矯正で治せると思っていましたから、歯並びによっては矯正できないことがあるなんて全く知りませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です