ダイシャクシギとレイラ

この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、クローゼットの中を全部開けてみたのですが、使わないものをためこんでいたことがわかって仕分けが大変でした。特に服は長いこと着ないで、しまい込んでいたのです。引っ越しが良い機会になって今までためこんでいたものを捨てられて、自分の持ち物も、自分の心も整理することができました。業者に依頼する引っ越しでは、流れとしては引っ越しの場所や日程などが決まれば、業者から見積もりをとり、こちらが納得いく結果を得られたところで正式な依頼のため、契約書を取り交わします。業者に荷造りを丸投げせず、ご自分で荷造りを進めるお考えなら、業者から必要な梱包材をもらい、準備しておきます。いよいよ引っ越すときには、作業については全てプロにおまかせとなります。私たちが引っ越し業者を決める際、日本通運(日通)が「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、引っ越し事業が広く知られるようになっています。従来は、引っ越し専門業者を探してみると何とか引越社や、どこどこ引越センターなどの名前がついていたというイメージを持っていたのではないでしょうか。ところが、運送会社は近年、一般家庭を対象にした引っ越しを扱うようになっています。日通のように、運送会社の中でも有名どころであれば、それなりのサービスを期待できます。都会のマンションやアパートでは、最近は隣に住む人の顔さえ知らなくても生活が成り立つことが当然と思う人が増えています。それでも、日常の挨拶や大変なことがあったときに助けを求められるような関係は必要だと言えます。ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、お隣に挨拶に行くことがまず必要です。たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで気配りが必要なのは何といっても割れ物です。新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、一個ずつ底から包むのが基本です。包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、衝撃を和らげてくれます。持ち手がついているものは特に注意が必要で、飛び出たところを先に包むのがコツです。どんな人でも、住むところが変われば新たな生活を送れるようにするためどうしてもお金がかかるものです。引っ越しで業者を利用するにしても安くあげたいと思うはずです。まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみましょう。ほとんどの割引サービスは人の移動が少ないとされる時期に引っ越しする際にオフシーズン割引になるので、できることなら、そこをねらって引っ越しできるようにしていきましょう。この間、引っ越しまして、引っ越し当日までに大変な労力を使いましたね。マンションに住んでいたし、一階ではなかったので引っ越し業者に、自分で運べない荷物を依頼したんです。引っ越し費用を少しでも浮かせたいと思い、自分でエレベーターに乗せられる荷物は自分で計画を立て台車に載る分だけ転居先に運びました。台車がこんなに使えるとは思いませんでした。固定電話を使うか、使わないかも、引っ越しの際にもう一度見直してみましょう。今どき、固定電話は絶対必要とは言えませんが、やはり電話回線を使い続けたいとすれば、転居後の回線利用を確保するためのやりとりを進めなければなりません。契約開始が引っ越しに間に合わないと、固定電話もファックスも使えない生活になりますので引っ越しを決めたらできるだけ早めに片付けるようにするべきです。様々な理由で、数多く引っ越しを重ねてきた方以外は、往々にして、引っ越しは一生でも一つのターニングポイントになるかもしれませんが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることもあっておかしくありません。引っ越し当日は特に忙しいものですが、やらなければならないことがたくさんある中で何か一つが狂ってしまうと当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。前日までの準備は万端にしておくことが必要です。社会人になりたての頃、学生の時からの友達と一緒に一時住んでいました。当時のアパートは、どこでもペット不可で友達は猫と一緒に暮らしていたため猫を飼っても良い物件を苦労して探しました。不動産屋さんも何軒か回ってやっとのことで物件が見つかりました。即入居できたので、引っ越しして猫のためにも本当に良かったです。引っ越しも一家で行おうとすると、何といっても、当日しかできないことがたくさんあるので、作業だけで一日終わってしまうでしょうから、引っ越し当日の前にできそうなことは済ませておけば安心できます。ライフラインである水道、電気、ガスなどの確保は絶対条件としても、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、荷物の中でも目立つようにして、取り出しやすくしておくことも大事です。引っ越しでは、ご自分が所有する車も住所変更の届を出さなくてはなりません。そこでナンバープレートも変わるのかどうか気にする方もいるでしょう。引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、どこの市区町村に転入するかによって決まります。その前の居住地と、陸運局の管轄が変わらなければナンバーは変わらなくなります。管轄する陸運局が変われば指示に従ってナンバープレートを変えてください。軍手を用意してから、引っ越しの作業を始めてほしいのです。たとえば、荷造りをしているときです。やり慣れない作業でカッター類を多用しますから、ケガの可能性が高くなります。荷物移動の際には、言うまでもなく荷物で手指を挟まれたり、荷物が落ちてきたりする可能性があります。軍手なら何でも良いわけでなく、自分の手と指の長さに合っていて、滑り止めがついている軍手でないと役に立ちません。作業しやすくなるのはもちろん、より安全になります。全国共通の引っ越し必須グッズがあります。荷造りをするときに使うもので、ダンボールの他、テープ、ひもなどは絶対必要です。買うことや譲ってもらうこともできますが、引っ越し業者に依頼した場合、契約時にこうした梱包材を無料で提供するサービスもあります。一言言えばもらえるはずのものを単なるお金の無駄にならないように見積もり依頼の際には念を入れて確かめてください。引っ越しは先週末に終わりました。引っ越し作業が全て終わり、玄関の明かりをつけたとき、「ここが新しい家なんだ」とジーンときました。その後、思い切って奮発し、ちょっとぜいたくをしてピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインでみんなでささやかな乾杯をしました。まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。引っ越しもいろいろな方法がありますが、私の場合は業者さんに依頼したのは大きいものだけでお金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。荷物を全部移動させたところで、市役所に転入届を出しに行きました。あちこちで思いがけないことがあっても、力を貸してくださる方もたくさんいて、感謝の一言です。どうにか当日中にご近所に挨拶して、荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。私たちが今の住まいに引っ越してきた当時、当時1歳になる子供がいました。話すことはできなくても新しい環境に慣れるまでの間、少しストレスを感じていたようです。案外多くなっていた子供のものは、引っ越しを機にもう使わないものを片付けていきました。そんな作業の合間に出てきた母子手帳を初めから読んでみました。なんだか懐かしく思いました。引っ越しの荷造りで大変なものといえば、特に食器を梱包するのは大変でしょう。その多くを占める割れ物は、包み方や詰め方も細心の注意を払わないと運搬中に壊れてしまったら泣くに泣けません。どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。繊細なガラス製品は、内側に新聞紙を詰めてから外側を包み、業者に用意してもらった専用の箱に入れるなど、どこまでも慎重に包んで、運べるようにすると破損の可能性はかなり低くなります。世帯の大小に関わりなく引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。スーパーやディスカウントストアにきいてみれば、ダンボールは無料で手に入ります。当然ですが、サイズはいろいろあります。荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、サイズが一定していない場合はよく考えて崩れないよう積んでいってください。賃貸住宅から引っ越すと、原状回復が義務になっていますが、経年劣化は避けられないこととして考慮されます。入居中に破壊してしまった部分は修理費用が発生する可能性が非常に大きくなりますが、壁紙の自然な退色や、モルタルの小さいひびなどは回復義務は生じないことが多いです。余計な心配をしないで済むよう、慎重に暮らすのが無難な道だと言って良いでしょう。新居を建てて、数年前に引っ越ししたときに、デスクトップパソコンの移動にはあらゆる手を尽くしました。なぜかというと、当時3歳だった娘と1歳だった息子の撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。運ぶときの衝撃でデータが壊れないようにたくさんのクッション材を使って梱包しました。パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、中身に全く問題なく運ばれました。外側も傷一つありませんでした。学校や職場から便利なところに住みたい、家族の人数が変わった、などの事情があって住環境を変えることになるのでしょう。引っ越しで家財道具を整理し、使っていないものや長いこと着ていない服などは手放し、身辺整理して引っ越す世帯が多いでしょう。もっとも、布団類は引っ越しで処分することは少なく、今まで使っていたものを引っ越し先で使うことがほとんどです。毎晩使っているので引っ越しで買い換えるものでもないのでしょう。転居すると、様々な形で届を出して、転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。引っ越し後も固定電話を使う場合、番号が変わることがよくあるものです。最寄りのNTTに連絡して、この回線を引っ越し後も使うために、どんな手続きが必要かきちんと理解しておきましょう。ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら引っ越し後も同じ電話番号を使えます。私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前に現在住んでいるアパートに引っ越しました。ここにいるのはせいぜい3年で実家の近くに転職したかったので住民票の移動をしないでおきました。しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、思ったより長居してしまい、結婚の話まで出てきて、今住んでいるところの方が税金が安いのも事実で、これからの住所変更もありかな、と思っています。家移りを経験した方ならきっとおわかりだと思いますが、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。引っ越し経験は私にもありますが、解約の手続きそのものは難しいものではありません。きちんと解約手続きを終わらせないと請求は自分のところに来てしまうのでもれがないようにしましょう。その際、転居後も月末まで料金の支払いは自分のところに来るのです。一人暮らしの方が引っ越しするとベッドの移動は悩みの種です。特にワンルームに引っ越す場合はかなりの面積を占めるのがベッドです。それに、業者がベッドを移動するとき、転居先のドアからベッドの搬入ができないという大変な話もあるようです。引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を思い切って試してみると意外と楽かもしれませんよ。この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、どうしてもすっきりしないことがあったんです。実は、液晶テレビを運ぶのには保険をかけないと契約できないと言われました。引っ越しの荷物として40型の液晶テレビがあったため、30万円以上の購入価格であれば、運搬する前に保険をかけなければならないと言われました。どうしようもないので、1500円くらい払って保険をかけました。もうちょっと粘れば良かったのかいまだによくわかりません。現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、よく荷物を届けてもらっていたヤマト運輸で、単身引っ越しサービスをお願いしました。自分にとって、業者に依頼した引っ越し自体が全く初めてで電話では本当に緊張していました。ですが、スタッフ全員がてきぱきした対応、丁寧な作業で、引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。引っ越しはまたあると思いますが、その時にもヤマト運輸の利用を考えています。数多くのものに囲まれた生活を送っているとすれば、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのは荷造りが終えられるかどうかです。ものの多さの余り、引っ越しまでに荷造りを終えられないとすればもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、引っ越しを一つのきっかけにして処分に専念すればその後の生活が変わっていくでしょう。他のことと同じく、引っ越しで大事なのは段取りです。ダンボールは荷物が全部収まるように準備し、日程を考えて梱包作業を進めます。引っ越すときまで使うものが紛れないようにしておき、用途や種類で大まかに分け、詰めるようにしましょう。何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくと片付ける手がかりになります。電気、ガス、水道、電話など、ライフラインの移動手続きも忙しくても、必ず終わらせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です