しげちゃんと沢野

皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。会社によって給料が変わるもので、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。町医者と総合病院とでは、どうしても貰える給与に違いがあるのです。ですので、平均的な看護師の年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、実をいうと純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて稼ぎが多くなるという現実があります。仮に「いいお給料で看護師をしたい」というのならば日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤で働けるところにしましょう。夜勤で勤務できるかどうかで給料の額は違ってきます。昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど男性から人気が高い看護師が、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると両極端だという事が分かりました。晩婚になる理由を挙げるとすれば、出会いが無かったり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と関わらねばならないため、不潔な印象にならないよう、髪形にも配慮することをおススメします。いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いと思います。とはいえ、職場の環境や方針次第では、看護師の髪形に対するルールが違うことを覚えておきましょう。実際の看護師資格取得の難易度はどの程度だと思いますか?試験の合格率ですが、90%前後となっています。試験内容も、学校の授業を理解していればそんなに難しい試験ではありませんので、それほど看護師の資格取得は難しいものでもないようです。皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「看護師」と言えば特殊な仕事と認識されることが多いですが、やっぱり、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ雇用条件において不利になることも生じて、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。ストライキを起こすことも看護師は難しいので、雇用する側が、きちんとした配慮を行うことが最も大切です。世間から見ると、看護師は高収入だというイメージが強いです。場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、ハードな職業ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均的に高水準を維持できることが見て取れます。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。これらの高給や安定性を重視するならば看護師はメリットの多い職業だと言えます。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、看護師は服装や外見を意識しておくことが大切です。メイクが必要な女性では、派手なお化粧は控えて、病院に適したナチュラルメイクを施すのが相応しいと思います。ノーメイクという訳でもありませんから、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象がガラッと変わると思います。様々な病気を患い心細い患者にとっては頼りになる看護師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、多くの覚える事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も少なくないそうです。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、育児との両立を目指す看護師にとって不安材料となります。未就学児であれば、24時間保育を実施している保育所を利用したり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。ですので、やむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も少なからずいます。ほんの少し前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、ここ数年の間に男性看護師の割合も増加しています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性看護師の活躍する場面は多々あります。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでより高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。それは国公立の医療機関で働くことです。もともと、看護師という職業が長期にわたって務められる職種の一つであるとして高い人気がありますが、さらに加えて、公務員の待遇もあれば一層安定した職業になることは確実です。手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは何よりも魅力的だと思います。男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは大半が女性なので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。加えて、勤務する時間が不規則だったり、過酷な労働環境だということも相まって、離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、転職率も高いですね。ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども多種多様に存在しています。このような転職サイトを活用すれば、さらに効率よく自分の希望する条件の求人を探せますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを参考にしてみるのが良いでしょう。正看と呼ばれる資格を持った看護師になる方法は、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが必要不可欠になります。そもそも、卒業が受験資格になっているのです。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、看護学校受験のための予備校があるほど、難関なのです。いま准看護師として働いているけれど、今後のために正看護師の資格が欲しいという人は、通信教育課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によってどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。忘れてはいけないのが、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、夜勤で働く看護師より収入が少なくなることがあります。今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働ける職場として実は、保育園があります。実際に保育園で働くとなると、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、おススメの職場だと言えますね。仕事の内容は、園児の体調管理と共に、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする責任のある仕事だと言えます。一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと昇進します。婦長といえば誰でも知っている役職ですが、また別に主任などの役職があるのです。最近では、学生やパートの看護師も増加しているため、国家資格を持った正看護師の立場では役職的には上の立場になるわけです。もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。どうしても、看護師という職業においては愛煙家があまり居ないというイメージですが、印象通り、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙や臭いをつけないよう、自主的に禁煙している人が少なくない様子が分かるのではないでしょうか。多くの方々と出会うことが出来る街コンですがこれに参加を申し込む看護師は多数います。職場では女性が多数で、なかなか男性と関わる機会がなく、「結婚したい」という看護師達が、街コンに繰り出しています。街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。けれども、もしも新しい出会いがあっても仕事が規則的でないということが原因で、上手くいくケースばかりではないのが現実です。病院には多くの科が設置されていますが、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアのやり方も違ってきます。看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。今後の進路を考える事もできますから、新人看護師の意欲も高まります。近年、日本においては経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る外国人看護師候補生という方々を受け入れています。けれども、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、仮に、3年かかっても不合格だった時には、母国へ帰国することになります。勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、とても大変だというのが現状です。24時間交代の勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、まだ勤務年数が短いうちは確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。個人的な話ですが、妻も看護師としてシフトに入っていましたから、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに大変だった思い出があります。仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場における対人関係や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。やはり、女性が多い職場ともなると、複雑な人間関係がつくられているところも実は多いのです。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職して人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもひとつの選択として、覚えておきましょう。看護師といったら、昔はほとんどが女性の職業でした。しかし今日では看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性が働くことも珍しくありません。看護師に求められる能力を考えてみると、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、これからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。外科勤務の看護師の、プラス面とマイナス面について知っておいた方が無難です。手術を受ける前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、看護師の成長に役立ちます。考えられる短所はといえば、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長期間じっくりと患者のケアを行えないことが挙げられます。新卒、もしくは、既卒の方が看護師の働き口を探してみてもなかなか見つからないという方は、年齢が原因になっている可能性があります。実際の求人には年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、病院が裏で採用年齢を決められていることも、珍しくないのです。例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では相当な努力が必要になると思います。看護師試験合格に向けて学ぶ場所として大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。大学の特徴を挙げると、最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。それに対して専門学校は、実習など現場に即した内容が多いので、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。その他、学費に関しても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。一般的に見るとキツイと考えられがちな看護師の仕事。労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、途中で休憩をとることはとるのですが、合計勤務時間が16時間になることも。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、看護師として勤務することが大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。看護師に階級があるのをご存知ですか?一番階級が高いのは、ほとんどの病院では総看護師長ですとか、看護部長といわれる人ですね。実際に階級を上げるためには、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、信頼を得られるように努めることが必要だと言えます。階級が高くなるほどに高い収入を見込めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です